中坊進二も訪れる京都の銭湯


お風呂は命の洗濯とも言われます。
体の汚れを洗い流すだけでなく、
身も心もリフレッシュ出来るのがお風呂です。
中坊進二はお風呂が大好きです。
じっくり自宅のお風呂に入るだけでなく、
中坊進二は京都の銭湯にも訪れています。
中坊進二が京都の銭湯に訪れるのは、
手足を思いっきり広げてお風呂に入るのが好きだそうです。
自宅のお風呂でも足は伸ばせるけれど、
思いっきり広げるのがいいと話していました。

また、京都の銭湯は色んな趣があって楽しいそうです。
レトロなスタイルで有名な船岡温泉は、
マジョリカスタイルといわれる芸術的な銭湯となっています。
この銭湯は登録有形文化財にも指定されているそうです。
日常生活と違い、レトロな世界に入り込んだような
気持ちになるのがいい気分転換になると中坊進二は話していました。

情緒溢れる昔からの銭湯が堪能できるのが、
中坊進二も気に入っている京都の長者湯です。
昔ながらの入り口や暖簾が、
昭和の時代に戻ったような気分でとてもいいそうです。
タイル絵は男湯は金閣寺で、これを見るのが乙だと話していました。
こちらの銭湯でも手と足を伸ばしてゆっくり浸かっているそうです。

中坊進二は京都の銭湯に行くことで、身も心もリフレッシュしています。
手足が伸ばせるだけでなく、京都には個性豊かな銭湯があり
それらに行くことで気分転換も図っています。
旅行の際には京都の銭湯で身も心も
リフレッシュして欲しいと中坊進二は願っています。
色んな銭湯があるからこそ、一度は訪れて欲しいそうです。