中坊進二はインフルエンザに気を付ける


インフルエンザが大流行しています。
先ほど調べたニュースにて、
とある企業は社員の3分の1がインフルエンザで倒れたそうです。
残りの3分の2の社員で業務を何とか回したそうです。

インフルエンザは非常に凶悪です。
ノロウイルスほど感染力は高くありませんが、
くしゃみが顔にかかれば、一発でアウトかもしれません。
そのため、インフルエンザワクチンは必須とも言えます。
中坊進二の会社でも1回の接種を義務とし、
会社にわざわざワクチンを打ってくれる
医師・看護師がやってきてくれます。
しかし1回で防げる確率は70%と中坊進二は聞いたことがあります。
2回やっても95%と聞いたことがあります。

vaccine

さらに今年のインフルエンザは例年以上に
凶悪だと風の噂で中坊進二は聞きました。
それでいて、高熱を出さないので、
インフルエンザに罹ったことに気付かずに出社し、
それでパンデミックを起こしてしまうのです。
中坊進二の会社もひとごとではありませんので、
具合の悪そうな社員は積極的に家に帰す方針を取っています。
たとえ37度でも油断大敵です。

インフルエンザは非常に厄介です。
受験シーズンに罹ったら、一年間を棒に振ることになります。
それゆえ、インフルエンザ特別措置として、
高校入試期間中にインフルエンザに罹ったら、
二次募集の時に追試を受けられる制度を国は現在検討中です。
こうした制度を設けてくれれば、
インフルエンザで高校浪人する生徒は
少なくなると中坊進二は考えます。

インフルエンザに罹る人は、毎年200万人以上居るそうです。
確率的にはたった4%ですが、
いつ自分がその4%になるか分かりません。
そしてパンデミックの例もありますので、
同僚が罹るだけで、会社が全滅するかもしれません。
かつて中坊進二の会社も、
一部署が全滅しててんやわんやになりました。
顧客に大分迷惑を掛けてしまいました。
そうならないためにも、しっかりと手洗いうがいをし、
予防を心掛けたいと中坊進二は気を付けています。

prevention