中坊進二が軽自動車にしたい三つの理由


京都観光のスペシャリストの中坊進二さんは今度、
軽自動車の購入を検討しているようです。
軽自動車の定義の説明は省きますが、要は小さい車のことです。

彼の家には既に一台普通自動車がありますが、
新しく「軽」にするにはいくつか理由があると本人は言っていました。

一つは、駐車のしやすさ
中坊進二さんの自宅の駐車場は大型車が駐車できほどに広いのですが、
公道からその駐車場までバックで車庫入れするのに
三回も蛇行する必要があるらしいです。
道のイメージとしては「 W 」みたいに複雑に入り組んでいるそうです。
ほぼペーパードライバーな私ではその道を通って車庫入れする自信はありません。
そうした理由から、横幅が小さい車の方が車庫入れしやすいといえるのでしょう。

二つは、保険の安さ
自動車保険は年額数万円もするので結構無視できない金額と言えます。
「軽」の場合、「普通」よりも幾分、自動車保険が安くなるそうなので、
主婦や若年層の間でも結構人気のようです。
(中坊進二さんは既婚者です)

三つ目は、操作のしやすさ
前述の車庫入れと理由は重複するかもしれないが、
「軽」は小回りが効くので、車庫入れがしやすいとのこと。
特に京都は小道が多いので、小さい車の方が乗り回しやすいと言えそうです。
ただし、当然「軽」は馬力も小さく、道路が狭く、
交通違反の取り締まりの厳しい京都の街で60km/時も出す機会は
高速道路に乗るぐらいしか思いつきません。

以上の三点から中坊進二さんは今度、軽自動車を購入することに決めたそうです。
具体的にどのメーカーにするかはこれから決めるとのことです。