中坊進二も好きな京都の九条ネギ


中坊進二は京野菜の中では九条ネギが好きです。
子供の頃からネギが好きで、今でも九条ネギを頻繁に食べています。
中坊進二は京都の九条ネギが好きなので、必ず冷蔵庫にはストックしています。
中坊進二曰く、京都でネギといえばこの九条ネギを指すそうです。
関東などで食べられる白ネギは関東ネギと呼ばれているそうです。
ネギというものは青いものというイメージがあるらしく、
住んでいる地域が違うとネギの認識が違い、
話がちぐはぐになる場合があるそうです。

九条ネギは平安時代から京の主要野菜です。
平安京の郊外の低湿地で養分豊かな土壌が条件に適しており、
熱心な農家によって作りこまれ改良されたことから
「九条ネギ」という名が付いたそうです。
明治時代に牛肉の普及が進むにつれ栽培も盛んになりました。
今日では京都府下で作られています。

京都の九条ネギを使った料理を中坊進二は様々作っています。
特に自信作なのがネギ焼きです。
このネギ焼きはお好み焼きのキャベツの変わりに九条ネギを使用します。
ポイントはネギとお好み焼きのタネだけで焼くことだそうです。
焦がさないように焼き、しょうゆを塗って食べるそうです。
ネギの食感が美味しいく、
焼き加減も絶妙で中坊進二のネギ焼きは絶品だそうです。

中坊進二は、好きな京都の九条ネギを
美味しく食べるためにはどうすればいいのか?
試行錯誤し努力を重ねてネギ焼きを作れるようになったそうです。
お店で出てきてもおかしくないレベルだと評判のネギ焼きです。
ネギは好きなので、中坊進二が作った京都の九条ネギを
ふんだんに使ったネギ焼きを食べてみたいですね。