中坊進二の行きつけの猫カフェを紹介します


中坊進二の行きつけの猫カフェはキャットアパートメントコーヒーです。
マンチカンのウニちゃんが可愛いです。
こちらのお店の特徴は一階と二階が完全に分かれている点です。
一階は喫茶店、二階が猫カフェになります。
ちなみに、二階でもお食事は可能です。
猫のトンネルがあるのも特徴で、
一階から二階の猫ちゃんたちを眺めることが出来る時もあります。
通るかどうかは基本的に運です。
駐車場と駐輪場はなく、駅から15分とやや不便な場所にありますので、
ここは中坊進二のような地元の方が
ひっそりと知る猫カフェとして人気を集めています。

catapart

中坊進二が最近注目しているのは、猫と一緒に泊まれる猫カフェです。
自宅の猫を連れていくのではなく、
猫カフェの猫と一緒に一晩を過ごすというものです。
この狙いは宿泊や癒しよりも、模擬飼育訓練にありそうです。
猫との相性はほんの少し会うだけでは分からず、
長時間一緒に居ないと分かりません。
猫カフェで何時間も居る訳にもいきませんので、
こうした宿泊施設として利用することで、
猫との相性を確認することが出来るのです。
宿泊施設ですが、寝られるとは限らないのが、特徴と言えそうです
猫は基本的に夜行性です。
人間が寝ても、顔をペしぺし叩いて起こそうとするかもしれません。

catapart

また、お腹の上にドカッと座られるかもしれません。
相性が良い証拠ですが、寝るのは諦めた方が良さそうです。
この猫と一緒に泊まれる猫カフェは期間限定です。
猫カフェは通常営業ですが、
一緒に泊まれる猫はこのイベントを通して飼い主を探すのが目的です。
中坊進二が今この記事を書いている時点で8匹ですが、
今は全員引き取られているかもしれません。
猫を飼いたい方は、早めにお問い合わせください。

他にもユニークな猫カフェはいくつもあります。
中坊進二がちょっと良いなと思ったのは、
通常の4倍の敷地面積を誇る猫カフェです。
正直広すぎて戸惑います。
漫画が2000冊あって、やや満喫の雰囲気ですが、
色々なところに猫が好き勝手に寝転がっています。

畳のコーナーもあり、自由にだらけることが出来ます。
カードゲームに最適と紹介していますが、確実に猫に邪魔されますね。
パソコン作業に便利な椅子もありますが、猫が良く寝ていますので、
間違えて尻で潰さないようお願いします。
人間が寛げるのか、猫が寛げるのかよく分からないのが
猫カフェという空間だと中坊進二は思っています。

tatami

猫はとても自由気ままです。
寝ている猫は割と何をされても起きないので、
ふにふにツツキ放題ですよ。
でも、起こさないようお願いします。